明日の天気は?

5年生の理科では「天気の変化」について学習しています。

これまで,実際に雲の様子を観察したり,観察したことを話し合ったりしながら,春の頃の雲の動き方や天気の変わり方について学習してきました。
さて,今日はこれまでの学習のまとめとして気象衛星の雲画像やアメダスの雨量情報,前日までの各地点の天気を基にして明日の天気を予想しようという課題に挑戦しました。

※下記の画像は気象庁のHPより
201704280700-00web.jpg

201704280700-00amedasweb.jpg

000_telop_todayweb.jpg

どの子も昨日と今日の雲画像・アメダスの雨量情報・天気予報図から雲の量や動きを考えて,明日の天気を予想することができました。複数の情報をつなぎあわせて予想するという大切さも学ぶことができたようです。この力をこれからの学習でも生かしてほしいと思います。


明日の天気が楽しみです。

水素燃料電池車

6年生の理科では、「地球に生きる」という単元の学習に取り組んでいます。
地球温暖化や酸性雨、クリーンエネルギーなど、自分で課題を決め、調べ、地球環境のために自分たちはどんなことができるのかを考えていきます。

その一環として、燃料電池車を活用した授業をしてみました。

写真は水素燃料電池を搭載した燃料電池車です。(東京の企業よりお借りしました。)
写真や言葉としては知っていたり、排気ガスを出さないこと、地球環境に優しいことを何となく知っていたりする児童は多いのですが、実際に見たことがあるかを聞いてみると、ほとんど本物を見たことがないとのことでした。

水素を電気に変える仕組みを理解することは小学生にとって難しいですが、体験しながら学ぶことで、電気を起こしてモータが回るということを楽しみながら学習できたようです。

IMG_20170215_160441.jpg


休み時間も理科室を訪れて、実験をしている児童もいます。
話し合いながら、予想を立て、実験をして検証している姿が見られます。
これまでの、学びが生きていることがわかり、とてもうれしいことです。

IMG_20170215_102312.jpg

将来の世界を担う子供たち。
これからも様々なことに興味をもって、学びを深めてほしいと思います。

【5年生】天気予想にチャレンジ中!

5年生の理科の授業を紹介します。

現在5年生では,実際の雲の様子や天気図,雲画像,AMEDAS(アメダス)の雨量情報などを利用して,この時期の天気の変化の規則性などをとらえる学習を続けています。
雲の写真

ここまでの予想は2回とも外れた子が多く,どのあたりの雲がどのぐらいの速度で岩沼市に近づいてくるのかをとらえるのは,簡単ではないようです。

しかし,「予想が外れたところからが始まり」ということを大切にしてきたところ,低気圧と雲の関係や,いつも雲は西の方から近づいてくることなどが徐々にとらえられてきました。本来,気圧については小学校の学習内容を超えていますが,テレビの天気予報などを見て,言葉にはなじみがある子が多く,授業の中でも多様な情報に触れる中で,子どもたち自ら雲量との関係を見出しました。

下は,みんなで今日の天気図を見て,議論をしているところです。
西の方には大きな高気圧があり,ゆっくりと東に進んでいることに気付いたようで,そのレベルの高い議論には教師も聞き入ってしまいます。スゴイ!
天気図を見て議論

今日の空の写真を自分で撮影したものと,その時の雲画像を表に整理しながら,天気図情報とあわせて明日の天気を予想します。
記録カード


さて,明日の予想は…。
明日の予想

連休に入りますが,子どもたちの予想がどれだけ当たるか楽しみです。