保護者教師会文化委員会講演会

5時間目は6年生が出前授業,今日はみんなで防災について学びました。
放課後は,保護者教師会文化委員会講演会を開催し,市内各校の保護者の方からも参加おいただきました。
講演会の演題は「自身の正体を知り,命を守る」。
講師として,東京大学地震研究所助教として活躍されている
大木 聖子先生をお呼び致しました。
現実を直視し,いかに地震に備えるかがとても大切なことなのだと改めて考えさせられました。
過去のデータを分析することにより,いざというときの備えを個人,家族,地域,学校で考えておきましょう。
防災教育は,学習することによるその効果が見えてこない。
実際に効果が出るのは,何か起こったとき。
だから,後回しになってしまいがち。
でも,何かあってからでは遅いのだと,参加者として改めて考えさせられました。

「天災は忘れたころにやってくる」。
まだまだ,あの日は生々しい記憶としてありますが,
日頃から備えだけはしっかりと行っておこうと・・・。
そういえば,防災バックの中に入っている非常食の消費期限が気になるなあ・・・。
帰ったら,ちょっと確かめよう。

貴重な講演ありがとうございました。他校から参加の皆様にも感謝致します。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する