3年生 白杖体験


今日は3時間目に3年生の白杖体験が行われました。実際に白杖を使い、アイマスクもして、障害物が置いてあるコースを歩きました。子どもたちは「怖いからゆっくり歩きました。」や「目が見えないというのは大変でした。」という感想をもっていました。
日常生活で、実際に白杖を使って歩き、電車に乗ったり、信号がある横断歩道を渡ったりして、すごしている人も見かけます。
目が見えない体験を通して、子どもたちは、目の大切さを感じていたようです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する