夢あこがれ授業

今日は,岩沼小学校で,俳優の西村雅彦さんが授業をしてくださいました。

俳優を目指したきっかけや夢などについて話してくだいました。
西村さんは,20代で社会の厳しい現実を知った時,自分の不得手なもの,人前で表現することにチャレンジすることを決意したそうです。それが,第一歩とのことでした。
それ以降,俳優を目指して進んでいったそうです。
俳優の仕事は,苦しいことが多いとのことでしたが,お客さんの「笑顔」や「拍手」,「声援」,そのようなものがとても嬉しいとのことでした。

「やりたいことをやってみる,それが自信につながる」,「苦しみ,負荷を自分に与える」,「仲間への思いやりの大切さ」,「未来に向かって前進してほしい」,「たくさんの経験を積む大切さ」など,子どもたちへ多くのメッセージをいただきました。

また,代表の子どもとの演劇,国語で学習した「風切るつばさ」の朗読もしていただき,感動の連続でした。

一緒に食べた給食も最高でしたね。

子どもたち一人一人,今日感じたことを今後の人生に生かしていってほしいと思います。

西村さん,本当にありがとうございました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する