4年生 ネット安全教室

 今日,NTT東日本の方から,「ネット安全教室」ということでお話をしていただきました。
 サッカー部の仲良し3人組の一人が,他の一人のミスをインターネット上に書き込んでしまい,その子がネット上で批判され,サッカーをしたくなくなってしまう…というアニメをもとに話が進みました。
 子どもたちにとって身近な状況で,登場人物も小学生だったため,自分なら何と書き込んだかを真剣に考え,ワークシートに記入していました。

 ネット上の書き込みが原因で,トラブルに発展したり,または事件に巻き込まれたりするが多くあります。インターネットは不特定多数の人間が匿名で利用でき,自分の経歴を偽ることも簡単にできてしまいます。

 そんな環境が,子どもたちの身近にあると思うと少し怖いですね。

 またコミュニケーションの力に関しても,ネット上の文字だけによる会話だけでは,相手の声や表情が分かりません。声や表情から,相手の思いを察するのも,非常に大事なことだと思います。そうすると,人と人とが面と向かって直接コミュニケーションをとることはとても大切な事なんですね。

 4年生のみなさん,今日は勉強になりましたね!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する