今日の朝会

今日の朝会は電子顕微鏡の世界の紹介です。

岩沼小は,国産の電子顕微鏡を初めて開発した只野文哉博士の母校です。その縁で,小学校には珍しく電子顕微鏡があります。

5年生の二人が,普通のスポンジと「激落ちくん」,2つを電子顕微鏡で拡大した写真を見せてくれました。
 
「激落ちくん」はスポンジより網の目が細かいので,よごれが(網の目にひっかかって)落ちやすいのだそうです。

武山先生はインフルエンザウイルスを見せてくれました。
IMG_1096.jpg
予防注射の仕組みやインフルエンザ予防について話してくれました。

電子顕微鏡で見える,目に見えないミクロの世界。またみんなで見たいですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する