春の足音が

 まだまだ寒い日が続いていますが、暦の上ではもうすぐ春です。

 本日、女子職員で毎年恒例の「雛人形」を飾りました。
1年ぶりに箱から出てきたお雛様たちは、「今年も出番が来ましたね。」と
言わんばかりに、なんだか嬉しそうな表情に見えました。

 金の屏風の裏を見て見ると・・・なんと「昭和51年 寄贈」の文字が。
つまり40年も岩小の春の訪れを見守ってきたようです。
 hina.jpg

 職員室前に飾ってあります。明日、体育館へ向かう子供達がどんな反応をするのか
楽しみです。

 明日から、2年2組の学級閉鎖が決まりました。
他の学級へ広がらないことを祈るばかりです。
皆さんも、体調管理に気を付けてお過ごし下さい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する